赤ニキビがなかなか治らない時はどうすればいい?

なかなか治らない赤ニキビの原因や治し方

赤ニキビがなかなか治らない、治ったと思ったらすぐにまた新しいニキビができてしまう、という経験をしている方は少なくないのではないでしょうか。
ここではなかなか治らない赤ニキビの原因や治し方を解説したいと思います。

 

赤ニキビができる原因

まず、赤ニキビは年齢によってできる原因が異なります。

 

10代のいわゆる思春期ニキビは成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になり、その結果、毛穴に皮脂がつまることによって発生します。
それに対して大人の赤ニキビは睡眠不足、ストレス、炭水化物の取り過ぎなどによる男性ホルモンの増加、クレンジングや洗顔のしすぎによる皮膚の乾燥などが大きな原因とされています。

 

赤ニキビの治し方

なかなか治らない赤ニキビの治し方としては、まず、ニキビができにくい肌にするために洗顔方法を見直す、ということがあるでしょう。
例えば、顔を洗う前に手を洗う、直接手の平で顔を洗うのではなくよく泡立てた泡で優しく洗う、洗顔料を洗い流す場合は熱いお湯を避けぬるま湯か水で洗う、そして、洗顔後は化粧水などでしっかりと保湿をするといったことに気をつけてみてください。
また、洗顔のし過ぎなども避けるようにしましょう。

 

そして、ニキビを作らないようにするためには、食生活に注意することも重要です。
毎日の食生活でお肌にメリットのある栄養素である、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、ビタミンA、食物繊維、乳酸菌などを含む食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

 

また、ニキビができる原因となるだけでなく、ターンオーバーがきちんと行われないことになってしまう睡眠不足とならないように注意しましょう。
といっても単に長時間眠ればいいというわけではなく、ターンオーバーが活発に行われる眠り始めから3〜4時間の間に熟睡することが大切となりますので、意識してみてください。

 

そのほか、ストレスが多いと男性ホルモンが分泌されて皮脂が増加し、コラーゲンも生成されなくなってしまい、ニキビが増える原因となります。
ストレス解消法は人それぞれですが、自分がやりやすい方法でストレスを貯めないようにしたいですね。

 

これらのことに気をつけてニキビができる原因を解消していくことに加え、エミオネ薬用プレミアムアクネケアローションをはじめとするニキビ対策コスメを利用する、あるいは皮膚科の病院で診察を受けて薬を処方してもらうということも行いましょう。

 

なかなか治らないからといって赤ニキビを放置していると、悪化したりニキビ跡が一生残ったりということになってしまいます。
決して放置せずに可能な限りの対策をとるようにしたいですね。

 

 

エミオネ薬用ローションの特徴・口コミなどを見てみる